業務改革によるペーパーレス化が望める労務管理システム導入

サイトマップ
眼鏡を持つ手

社員の人事労務管理業務をスマートに処理できるシステムを導入しよう

ホワイトボードを使う女性

労務管理業務や人事関連の諸手続き、申請業務などはルーチン化されていて、五月雨式の処理で済ませられるものと、時期的に集中して処理しなければならないものに大別されます。前者に関しては、マネージャ一人当たりの部下数が多すぎない限り、さして大きな負担にならず、スムーズに処理できるでしょう。しかし、例えば春先の新卒一括採用や、年度の変わり目に多い退職者対象の人事手続きなどは、人事スタッフと管理職者にとって、過大な業務負荷となってのしかかる場合が多いです。
そこで検討したいのが、人事労務管理システムを導入することです。紙を用いて人事や労務管理手続きを処理していると、用紙の記入、印刷、コピーの用意、提出、捺印等、紙特有の数多くの作業が発生して、同じ手続きを行うにも仕事の量が増えがちです。システムを導入して電子処理する手順にシフトすると、従来、紙に書いて提出していた内容は、該当者本人が自分でシステムに直接入力し、承認者にシステム内で転送できるようになるため、手数が減ってより多くの件数を短時間でさばけるようになります。
人事業務と労務管理業務を電子処理できるシステムを導入しておけば、新入社員を沢山迎える時期も、退職者対応に忙殺される時期も、とてもスムーズに業務処理できるようになるでしょう。

コンテンツ

TOP